『何をするか』ではなく、『何をしないか』を考える。

どうも、最近冒頭に書くことが見当たりません。。。

そんな時はブログを書くのを辞めてしまえばいいじゃないかと思っています。


やめちまってもいいじゃないか

にんげんだもの        みつ〇


はい、怒られる!

そろそろ、真面目に書きます。。。




最近、治療についての相談等を他の治療院の先生方から受けることが増えてきました。

ありがたい事に他の先生方から治療に関しては認められているようです。

カミさんからは全く認められていませんが(笑)




そこでいつも相談を受けた際にお話するのは、タイトルにもあるように

『何をするか』ではなく、『何をしないか』を考えてくださいとお伝えしています。




えてして治療家というのは患者さんを良くしたいという気持ちが大きいので治療を始めるとどうしても治療時間自体が長くなる傾向にあります。

果たしてそれは良いのだろうかという話。




人間の体は生モノです。

生きているという概念を抜いてしまえばお刺身や生肉なんかと同じわけです。

触れば触るほど傷みが早くなるわけで。

お寿司屋さんがお寿司を握る際、長時間べたべたとネタを触るか?という話になります。




人間の体も一緒で触れば触るほど自己治癒力の邪魔をします。

なので、うちの院では早ければ5分、長くても15分ほどの時間しか施術しません。

なぜならその患者さんが最短で最高の状態になってもらいたいからです。




実際とりごえ院長も昔は長い時間施術をしたりしていました。

しかし、その時よりも遥かに今の方が患者さんの治りが早い。

色々と試行錯誤して気が付いたわけです

『何をするか』ではなく、『何をしないか』を考えた方が結果が出ることに。

加算法じゃなく減算法で治療を構成していくことがとても大切になるんですよね。




先生はどんな治療をされているんですか?

先生の治療法を教えていただけませんか?等々。

言っていただけることも多いですがとりごえ院長のNCテクニックは『哲学』がほとんどです。

そのうちの一つが『何をするか』ではなく、『何をしないか』を考える。ということです。




だから別に難しい事や真新しい事をやってるわけではありません。

その証拠に患者さんには「先生したん?」とよく言われます(笑)

それくらい他と比べると治療をされている感じが薄いんでしょうね。

もちろんちゃんと治療はしてますけどね。




『何をするか』ではなく、『何をしないか』を考える。

これは患者さんのセルフケアにも当てはめられます。

『プラス』するのではなく『マイナス』すると体の回復機能は凄い力を発揮します。

以外にみんな足し算し過ぎなんですよね。




『何をするか』ではなく、『何をしないか』を考える。

何度も言いますがこの『哲学』を持ってもらうだけでもかなり変わります。

良ければ意識してみてください。




とりあえず今日のブログはこんな感じで。




あと少し告知みたいなものを。

そんな技術を学びたいと勉強会やセミナー等のお話しを沢山いただいてはいます。

がまだまだ自分には早いと思っています。

なぜなら自分の感覚でしかやってないからというのが大きい所です。

なのでうちのスタッフはいつも頭が沸騰しているようです(笑)

ただ、結果は目を見張るぐらい上げています。

頼もしい限りです。




やるからにはしっかりしたものを、しっかりした考え方『哲学』を伝えたいですし、大きくやるつもりも特にありません。

少数精鋭の尖ったセミナーにしようと思っています。

ご縁があればよろしくお願いします(^-^)




今日はこの辺でφ(..)カキカキ

とりごえ整骨院

滋賀県 草津・栗東エリアにある整骨院 【自律神経調整】【難治症状の改善】【難病治療】など 痛みや症状を追いかけるのではなく痛みや症状の原因を深く掘り下げ治療していく。 身体の為に今、何ができるのかどうしていけばいいのか。 何が最高で最善か。 それを探し出し本当の治癒に向かって歩んでもらう。 どこに行っても治らなかった患者さんの笑顔のために。

0コメント

  • 1000 / 1000